軽自動車の任意保険料を安くするなら通販型

普通車と比べて自動車税や車検、燃費やメンテナンス費用等、クルマを維持するのに必要な諸経費がとても安い軽自動車。

 

エンジン性能や居住性、安全性能も格段にアップしており、人気が拡大し続けています。「次に買う車は軽自動車」、または「次も軽自動車に乗り換えをしたい」と考えている方の多くは、安い維持費に魅力を感じられてるのではないでしょうか?

 

もし、維持費の面で軽自動車を選ばれたのならば、『任意保険』の保険料を安くすることはとても大切です。なぜなら、他の諸経費と比べて自動車保険の占める割合が大きいからです。

 

せっかく車の維持費を安くしたくて軽自動車に乗り換えたのに、保険料が高いばかりに、前に乗っていた普通車の維持費とあまり変わらなかったら意味がありませんよね。

 

つまり、自動車保険を安くすることは、軽自動車の維持費を最大限まで安くするために一番効果的な手続きなのです。

 

しかし、安さだけにこだわって、補償内容を低めに設定するようなことがあれば、自動車保険に加入する意味が薄れてしまいます。やはり、万が一の時でも安心して補償が受けらることも忘れてはいけません。

 

安さと補償内容の充実。一見矛盾しているようですが、この2つのポイントを同時に解決する事が出来る自動車保険があります。それが通販型の自動車保険(ダイレクト自動車保険)です。

 

従来の自動車保険は保険の代理店を通して契約するのが主流でしたが、ダイレクト自動車保険とも呼ばれる通販型自動車保険は、その名の通り車の所有者が保険会社と直接契約を結ぶ自動車保険です。

軽自動車の任意保険を安くするたった1つの方法

通販型自動車保険の安さの理由

代理店が徴収していた中間マージンがかからないため、契約者が払う保険料を大幅に安くすることが出来るようになりました。
見積もりから契約、各種手続きから事故後のサポートをインターネットと電話のみに絞り、人件費や手続きにかかるコストを大幅に削減しました。

高いけど代理店の方が安心と思っている方も多いようですが、基本的な補償内容は同じですし、通販型の自動車保険の場合は特約を付加することで、代理店型並のサポートがが受けられます。

 

代理店型と通販型を同じ補償内容で比較した場合、保険料は2倍以上になることもあります。

 

つまり、同じ内容の保険でも、通販型の自動車保険を選択するだけで保険料を50%以上安くすることも出来るのです。

 

しかし、同じ軽自動車の保険でも、補償内容や特約、自動車保険各社の設定により保険料が大きく違ってくる場合がほとんどです。

 

ですから、安くても安心出来る任意保険を選ぶためには、複数の保険会社から見積もりをもらい、様々な条件でシュミレーションをすることが必須です。

 

自動車保険一括見積もりは、国内の大手保険会社最大20社以上に一括で見積もり依頼が可能で便利なサービスです。

 

インターネットサイトから車種情報などを入力するだけで、5分程度で自動車保険料の見積もりが簡単に完了します。さらに、各保険会社のページ上で、補償内容や特約の設定を変えながら様々な条件でシュミレーションも可能になっており、条件が決まればそのまま契約することも出来ます。

 

現在乗っている車の保険料を見直す際にも、次に購入する予定の軽自動車(まだ所有していない車)でも見積もりが可能です。無料で気軽に利用できる点も沢山の軽自動車ユーザーから支持されています。